外国人の社会保険の条件は日本人と同じ

外国人労働者の社会保険の条件は日本人の雇用と同じです。

社会保険の要件は、外国人雇用と日本人の雇用とでなんら区別されていないのです。

日本で事業を営むうえでは、社会保険は適正に適用していなければなりません。

特に派遣企業を活用して、外国人労働者派遣を受け入れたいとお考えの場合、派遣会社は厳格に法令順守で運用しているかのチェックをしますので、適正でないと判断された会社には、外国人労働者の紹介をしないとも言われています。

社会保険は4つの制度から成り立つ

会社が加入する「社会保険」とは、労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険の4つの制度を主に指します。

労災保険

労災保険では、業務上または通勤中に起きたケガ、病気、これらに伴う休業、障害、死亡に対して保険給付を行います。

労災保険は原則として従業員に対してだけですが、特別加入すれば、事業主や役員も給付を受けられます。

雇用保険

雇用保険は、一般的に言われる退職した後の失業手当がありますが、この他にも、雇用の継続を促進するために高齢者や育児・介護休業を取得している従業員に対する給付もあります。

健康保険

健康保険は、労災保険の「業務上のケガ・病気等の保険給付」に対し、「業務外の事由」によるケガ、病気、これらに伴う休業、死亡、出産に対する給付を行いますが、扶養家族の出産一時金などもありますし、長期入院で医療費がかかった場合の補填をしてくれる高額療養費制度もあります。

厚生年金保険

最後に厚生年金保険

通常老後の年金給付をイメージされるかと思いますが、老齢年金の他にも、障害や死亡の際の遺族補償も行います。

手厚い社会保険は外国人には新鮮

このように、会社が加入する社会保険では、業務上外の様々な事由に対し、広範囲にわたりカバーしています。

会社にとっては社会保険負担が重いという悩みにもつながりますが、翻って外国人の方から見れば、この手厚い社会保険は彼ら(彼女ら)の自国にはない魅力になります。

ただし、ほとんどの給付は、該当しても、申請しなければもらえません。

貴社では充分に活用できていますか?

少しでも該当しそうだなと感じる出来事があれば、お気軽にお問い合わせください。